建築構造家の卵日記

気ままに想うことをブログに綴る

1級建築士学科試験独学勉強方法(過去問について)その2

kouzoudaisuki.hatenablog.com

前回(↑)は1級建築士学科試験を独学で突破しようと、お考えの方に過去問を解くことの意義について述べてまいりました。過去問といってもどこまでさかのぼって解けば良いの?とお思いの方もいらっしゃると思います。今回は私が1級建築士学科試験を独学で合格した体験をもとに、過去問の範囲や勉強方法について綴りたいと思います。

過去問はできる限り多くの年数をこなすこと

私が使用していた参考書は日建学院の市販で販売されていたものです。要点整理のものと、厳選問題集をひたすら繰り返し解いていました。なぜ日建のものにしたのかというと、参考書が大きく、文字が見やすかったからです。笑 これらの問題集は基本的に過去問で構成されているので、これを解くことで直近の過去5・6年分くらいは網羅できるのではないでしょうか。ただし、さすがに直近7年分では合格は厳しいと思います。そこで私が目に着けたのが、直近7年よりもさらに古い年度の問題です。直近7年よりも古い過去問集を購入(古本でネットで購入)し、平成17年から平成20年までの過去問を解きました。

過去問集のルーティン

私は過去問題集を最低3回解くことをルール化していました。おぼえの悪いものに関しては5回解きました。そして、問題集でわからいない用語が出てきたら、google先生に検索をかけて、重要事項はその問題のところに用語の説明等を自分で書き加えながら理解度を深めていきました。過去問を何回も解くことの意味は理解の定着と考えて下さい。1回ですべてのことを暗記や理解できる方は良いのですが、私のように次の日には忘れているような人は何回も問題をこなすことで自分の知識として定着していきます。1回目よりは2回目、2回目よりは3回目の方が理解はどんどん深くなっていきます。最終的には正解を覚えてしまうような問題もでてきます。

過去問で出題された文章は完璧に消化すること

過去問を解くうえで重要なことは「4つの選択肢すべての文章を理解すること」です。正解することが目的では無いということに注意してください。選択肢すべての文章を徹底的に読み込み、全ての用語を理解することを意識して下さい。前回の記事でも触れましたが、過去に正解肢として出題されたとしても、新年度の問題で一部を変更して不正解肢として出題されるケース、またはその逆のケースがあります。学科試験は過去に出題された選択肢を使いまわして問題を構成しているといっても過言では無いと思います。これが過去問を理解することの最大の理由です。

 

 

いかがでしたでしょうか。この記事をお読みいただいた方々に少しでも過去問を解くことの意義が伝われば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

※この記事は1級建築士試験合格を保証するものではありませんので、ご参考程度にしていただければ幸いです。

1級建築士学科試験独学勉強方法(過去問について)その1

過去問解くこと=効率的な勉強方法

1級建築士学科試験の範囲は建築という分野からも想像できる通り、広範囲で問題を作ろうと思えば無限にできると思います。しかし、仕事をしながらすべての範囲を網羅しようとすると膨大な知識が必要となりますので、試験突破の方法としてはあまり効率的ではありません。

独学をしているときは先の不安からか、あれもこれもとよくばり、手広く勉強してしまいがちです。これが失敗の大きな原因と私は考えます。過去問を研究してみると、どの年の問題を見ても何となく見たことある問題ばかりで構成されているのです。場合によっては過去の選択肢と全く同じものが出題されたりします。もちろん、過去に一度も出題されたことのない新問も必ず出題されますが、それは少数派なので、無視しても構いません。なぜなら、学科試験は過去問を理解していれば多くの場合、正解に導くことができるからです。ましてや、選択式なので、初めてみるような選択肢がわからなくとも、確実に誤っているものを見つけることができればその問題は正解なのです。

以上のように、時間が無く効率的に勉強をしたいという方には勉強範囲を「過去問」に絞ることをおすすめします。ここでは、実際に私が独学で勉強した体験をもとに過去問を解くことによっていかに合格したかを綴りたいと思います。

勉強範囲を過去問にしぼることの意義

なぜ過去問に絞ることをお勧めするのか?過去問はあくまで過去の問題だから勉強していも意味ないじゃん!とお思い方、不合格へ一歩踏み出したようなものだとお考えて下さい。過去問を解くことの意義は学科試験の傾向をつかむことにあります。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という有名なことわざがありますが、1級建築士試験(製図試験も)はまさにこの言葉にすべて凝縮されているように思います。過去問を十分に勉強することによって学科試験がどのようなものなのか理解することができます。そのためには、できる限り多くの過去問を繰り返し解くことが合格の鍵となります。また、学科試験の一部は過去に出題された選択肢を使いまわして、問題構成されています。例えば、過去に正解肢として出題されたとしても、一部を変更して(例えば用語のすり替え等)不正解肢にするケース、またはその逆のケースがあるのです。本当かな?と疑問に思う方は過去問を解いてみて下さい。この言い回しどっかで見たことあるぞ、と思うことが多々あります。

過去問で出題された内容は建築士として重要な知識

過去に出題されてきた問題はその分野で重要だからこそ出題されてきたとも考えられます。建築の分野で問題を作ろうと思えば、無限に作ることは可能ですが、あまりマニアックなことばかりを出題しても1級建築士の技能を試験することができないと思います。1級建築士として最低このくらいのことは理解して下さいね、ということで、問題は作成されいると思います。そのように、出題者側の視点に立つと、過去問の見方も少し変わるかもしれません。

少し文章が多くなってしまいましたので、続きは別の記事に記載致します。

続き
kouzoudaisuki.hatenablog.com

※この記事は合格を保証するものではありません。あくまで参考にしていただけたら幸いです。

1級建築士学科試験独学勉強方法(スケジュールについて)

1級建築士学科試験は独学で突破

私は1級建築士学科試験を独学で突破しました。しかも、1発です。独学して感じていたことはとにかく、孤独ということです。この勉強方法で自分は合格に向かっているのだろうか、と常に自問自答しながら悶々と勉強している感じでした。今、1級建築士を独学で臨まれる方々も同じ思いで悶々とした毎日を過ごされていると思います。私もいろいろと試行錯誤しながら、勉強方法を探っていきました。勉強を始めたのが1月に入ってからでした。それから自分にフィットした勉強方法にたどり着くまで2か月ほどかかりました。独学はその人その人によって様々だと思います。これから独学でやっていこうという方々に少しでも参考になればと、私が独学していて合格に結びついた勉強方法を下記に記します。※こちらは合格を保証するものではないので、あくまで参考としてお読みください。

勉強法の確立

1級建築士の学科試験は1年かかる人もいれば半年程度で受かってしまう人もいます。独学の場合、多くの人がいきなり正しい勉強法にたどり着くことができないと思います。試行錯誤の上、ようやく自分の勉強法が確立されるのだと思います。なので、勉強始めは自分に合う勉強法を手探りしてくことになるでしょう。私も最初は「1級建築士ノート」を作っていましたが、自分にとっては非効率的だったので、ノートは作らずテキストに必要事項だけ書き込むスタイルにしました。結果的にノート作成は時間もかかるので無駄なことになってしまいました。しかし、これも独学して行くうえで通らなければならなかった道なのだと思います。やってみて初めてわかることもたくさんあります。その中で、自分にとって効率的なものを取捨選択していくことが重要と考えています。これから独学を計画されている方も試行錯誤があって初めて勉強法が確立されるのだということを頭の片隅に置いていただき、余裕のあるスケジュール管理をしていただければと思います。

試験までの勉強スケジュールをたててみよう

勉強期間について、私の場合、1月から始めたので、7か月ほどでした。私は計画・法規・設備が特に苦手だったので1月から3月までの3か月は計画・法規・設備だけ必死に問題を解きました。しかし、4月入ってからも法規の勉強がなかなかうまくいかず、法令集を理解するのに4月いっぱいまでかかってしまいました。5月に入ってからようやく構造・施工も勉強し始めました。6月は5教科バランス良くこれまでやってきた問題の復習をしました。7月はとにかく過去問集+模擬試験の復習+これまでの総復習をやりました。しかも、過去問集は平成17年から20年まで収録されてたものに絞って問題を解けるだけ解きました。おそらく、2周程度はできたと思います。本当は平成14年からやりたかったのですが、試験もせまっていたこともあってたくさん問題をこなすというよりは同じ問題を繰り返すことを重視しました。その結果この方法が功を奏して試験本番では同類の試験が出題されて大変助かりました。

まとめ

以上のように、勉強を始める前に何月から何月まではどの教科をやるといった簡単なスケジュールを組んでみると良いと思います。もちろん、仕事との兼ね合いもあるので、スケジュール通りなど絶対にいきません。それでも、常にゴールを意識するという意味ではスケジュール管理は非常に重要だと思います。私も当初は法規は日本語だから理解できるだろうとなめていましたが、実際は全然理解できず、かなり焦りました。その結果、3月までで理解するはずだったものが、1か月押しましたし。。。学科は5教科もあるので必ず得意不得意があると思います。しかし、5教科のバランスを考えず、好きな科目ばかり伸ばしていても合格はできないのです。各教科に足切りが存在します。学科試験では得意教科を伸ばすというよりも、弱点をいくら克服できるかにかかっています。自分の弱点を見極め、5教科の勉強バランスを調整し、スケジュール管理をするとが合格への第一歩だと思います。

また、上記で示したように、市販のテキストを使用してそれをどうやって吸収していくか、まずは自分の勉強スタイルを確立していくことが重要です。勉強法が確立されていくとより具体的なスケジュール管理もできるようになってきます。

※以上の記事は合格を保証するものではありませんので、あくまでご参考にしていただければ幸いです。